処分したい切手を売るおすすめのお店

子供の頃から集めていた切手を処分したい人

1960年代から1980年代にかけて切手ブームが起きた時代です。子供の頃に切手を集めていた人も現在では50代や60代などになっているのではないでしょうか。
切手の価値は年々下がるなどと言われているのですが、ネットで切手を買い取りしてくれるお店を探そうとすると、意外と多くあるのが特徴です。
切手買い取り店の中には古い切手やシート単位しか買い取りしてくれない所、比較的新しい切手をまとめて買い取りしてくれるお店などがあるので、それぞれのお店の特徴や買い取り事例をチェックしておくと良いでしょう。
買い取り店の中には質屋さんなどもあり、切手以外にも古銭や美術品、ブランド品など幅広いジャンルの品物を査定してくれるお店もあります。

遺品整理を行った時に大量の切手が見つかった時

遺品整理を行っていた時に、祖父などがコレクションしていた切手ブックが大量に出て来る事もあります。
切手ブックの中には明治時代から昭和初期頃の切手が多数あり現代では使えない、長年保管をしたままの状態になっているのでカビ臭さもあるなど、そのまま捨ててしまおうと考える人も多いのではないでしょうか。
明治から昭和にかけての記念切手や普通切手の中にはプレミアが付いているものが多数あり、高額な値段で取引が行われる事も珍しくありません。
切手の知識を豊富に持つ鑑定士がいる切手商などのお店を利用すると、切手の価値を見出した金額で買い取りしてくれます。
古い時代の切手の中には偽物も多いので、鑑定士による査定を受ける事で切手の価値が分かります。

© Copyright Stamps Can Miniature. All Rights Reserved.